【フォトブック超まとめ】ビスタプリントとしまうまプリントを費用・画質・配送期間で比較してみた

アルバムみる老夫婦
今では、自分でオリジナルのフォトブックを作れるということもあり、フォトブックを取り扱っている業者も複数あります。

複数業者があると、フォトブックを作るとなった時、どこの業者を選んでよいか迷ってしまいますよね。

私も、初め利用するときは複数あるフォトブックサイトの中でどのサイトが良いのか、いろいろ調べた記憶があります。

どうせ作るなら満足のいくフォトブックを作りたいですよね。

では、実際にどの業者が良いのでしょうか。

フォトブック2社を比較~気になる3点を徹底調査~

フォトフレーム 花

皆さんがフォトブックを作るとなった時、やはり仕上がりが気になる方多いと思います。

大切な思い出を形として残すのですから、誰しもがそう思いますよね。

また、その費用面も気になるところですよね。

では、実際利用しようとなったときに、業者によってその差はあるのでしょうか。
 
ここでは「高品質」で総合評価も高いビスタプリント「安い!早い!」と耳にするしまうまプリント2社を比較してみて、どこまで違いがあるのか検証してみました。

  • フォトブックの費用ってどれくらいかかる?
  • 配送期間てどのくらいなの?
  • どちらが高画質なのか?

フォトブックの費用ってどれくらいかかる?

作成するにあたり気になるのがその費用。

せっかく作成しても、値段が高額であれば断念せざるを得ないこともあるかもしれません。

それではビスタプリントとしまうまプリントの費用って実際どれくらいかかるのでしょう。

1社ずつ見ていきましょう。

ビスタプリントの場合

タイプ値段(税別)ページ追加料金大きさ
横長Lサイズ¥3,18024~120ページ

¥270(2ページ毎)28 x 21cm
縦長Mサイズ¥2,38024~120ページ¥210(2ページ毎)15 x 20cm
縦長Lサイズ¥3,18024~120ページ¥270(2ページ毎)21 x 28cm
スクエアLサイズ ¥2,86024~120ページ¥270(2ページ毎)21 x 21cm
スクエアXLサイズ¥4,78024~120ページ¥340(2ページ毎)30 x 30cm
リング式フォトブック ¥540 20~ページ¥64140 x 102mm
リング式フォトブック¥1,10020~40ページ¥64192 x 140mm
リング式コラージュ¥1,10020~ページ¥64192 x 140mm

となっています。

サイズの種類も様々あるようですね。

いろんなシーンで使えそうです☆

しまうまプリントの場合

タイプ料金(税別)ページ大きさ
文庫サイズ(スタンダード)198 ~798 円 36~144ページ105×148㎜
A5スクエアサイズ(スタンダード)262~718 円36~144ページ148×148㎜
A5スクエアサイズ(プレミアム)1,318 円~4,558 円36~144ページ148×148㎜
A5スクエアサイズ(プレミアムハード)1,670 円~6,078 円 36~144ページ148×148㎜
A5サイズ(スタンダード)438 円~798 円 32~144ページ148×210㎜
A5サイズ(プレミアム)1,582 円~6,398 円 32~144ページ148×210㎜
A5サイズ(プレミアムハード)2,110 円 ~8,638 円 32~144ページ148×210㎜

※一部キャンペーン中の値段あり

となっています。

両社とも比較的安価ですね☆彡。

ビスタプリントに比べ、しまうまプリントは大きさの種類が3種類と少なく大きめのフォトブックはないようですね。

両社同じ大きさくらいとなると、ビスタプリントが15 x 20cm、しまうまプリントだと148×210㎜でしょうか。

ビスタプリントは24ページ~、¥2,380~に比べ、しまうまプリントですと、用紙の種類にもよりますが、最低価格32ページ~、¥438~としまうまプリントの方が料金的には安いようです。

この2社を比べると圧倒的にしまうまプリントの方が安いですが、他複数の業者も調べたことのある私としては、ビスタプリントもだいぶお安めなんですがね(;^ω^)

また配送料金に関して、ビスタプリントでは500円(税別)です。

そして4500円以上(税抜)の注文で送料は無料となります。

しまうまプリントの配送料金に関しては、メール便だと100円(税抜)、宅配便「ゆうパック」600円(税抜)となります。

どちらも配送料金に関しても安心できる価格ですね。

しまうまプリントは送料100円(税抜)という安さ、ビスタプリントに関しては4500円(税抜)以上で送料無料となるところも嬉しいですね。

配送期間てどのくらいなの?

ビスタプリントの場合

注文完了から4~5営業日での配送ですがフォトブック等の一部製品は製造工程上6営業日となっています。

「思ったより早く手元に届いた。」という意見も多数ありますが、余裕をもって約1週間程はかかると思っておいたほうが良いでしょう。

しまうまプリントの場合

スタンダードになると、翌日中に発送(11:59までの注文で当日発送)となり、プレミアム、プレミアムハードでは5日程度で発送となるようです。

到着に関して、メール便だと発送日より7日程度、宅配便「ゆうパック」では発送日より2日程度となっています。

ビスタプリントに比べ、しまうまプリントの宅配便「ゆうパック」にすると早めに到着するようですが、下手すると製品より送料の方が高くなることで料金的なこともあり、メール便で注文する人も多いようです。

いずれにしてもそれほど大きな差はないようですね。

どちらが高画質なのか?

ここまでは配送や費用に関しての比較をしてきました。

しかし、目的はフォトブックを作ることなので、皆さんやはり仕上がりを気にされている方が多いです。

大切な写真を形として残すわけなので、用紙もしっかりしているものが良いですし、がんばって作ったものの画質が悪いなどで見栄えが残念なことになるのも避けたいものです。

ではビスタプリントとしまうまプリントの画質は実際どうなのでしょうか。

ビスタプリントのフルフラットフォトブックはページが180度フラットに開けることができます。

ページの紙の厚みも、一般的な無線綴じフォトブックより厚みがあるので、高級感があるのです。

実際の画質もしまうまプリントやその他の他社と比べても圧倒的に発色が良く綺麗に見えます。

しまうまプリントに関しては、ビスタプリントに比べ画質は少し落ちるように思います。

画質自体悪いというわけではありませんが・・・。やはり、ビスタプリントと比べてしまうと、品質の違いを感じさせられました。

1冊あたりの値段はお安くなっているようですが、やはり画質の評価が高くないこともあり、総合評価はビスタプリントの方が高いようです。

フォトブックを利用するならビスタプリントが良い

フォトフレーム

いかがでしたでしょうか。

2社を比較して違いをご理解頂けたでしょうか。

配送期間に関してはさほど大きな差はありませんでしたが、値段に関してはしまうまプリントの方が安くフォトブックを作れるようですね。

しかし、ビスタプリントは高画質で用紙も高級感があることからある程度値段がしたとしても、ビスタプリントを利用する人が多いようですね。

使い捨てではない、特別な一生の思い出となるフォトブックであり、自宅用以外にもプレゼント等にも利用されるので、良い品質の方が欲しくなりますよね。

フォトブックを作る際、是非参考にしてみてください♪

投稿日:

Copyright© 【超簡単】ビスタプリントでする名刺作成の全手順を総まとめ!料金はいくら? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.